最近のご報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の後半から、複数の新規開業支援や医業承継を行っていましたがやっと一段落し、ゴールデンウィークに入り電話やメールも少なくなりましたので、久しぶりにブログを書きます。

数年前から、新規開業を希望する先生が多くなり、それと並行して開業場所探しの依頼も多くなりました。しかし、都心部では競合施設が多く良い開業場所を探すことが難しい状況です。           その中で、今年の3月に東京都下で開業のお手伝いをさせて頂きましたA眼科クリニックは、1か月目から黒字ではと思われる診療報酬がありました。

この場所は、診療圏調査(半径1.5Km)で1日推定外来数が65人と出たので、新規開業を行いました。私は、できるだけ診療圏を狭く設定して診療圏と思われる場所の住民からヒアリングを行い、1日推定外来数が損益分岐点を1.5倍以上、超える場所をご紹介しています。

そして、開業後はカルテから外来患者の住所を抽出して地図にインプットする作業を行い、どの地域から受診しているかを調査します。これを行うことにより、受診者の少ない地域が分るのでこの地域の受診率を上げる戦術をアドバイスします。

A眼科クリニックも同じ作業を行い、約80%の患者が診療圏調査で設定した診療圏内から受診していることが分りました。残りの患者は、診療圏を起点とした半径1.5Km以上の地域から受診していました。                                             そこで、増患対策として診療圏内の地区別の1日推定外来数を計算して、受診者の比率が少ないと思われる地区にポスティングを行うことをアドバイスをしました。                      このように、私は新規開業後、早く月間黒字になるようにアドバイスを行っております。

今週(5月4日金曜日)は、埼玉県加須市にある田んぼで奇跡のお米といわれる「イセヒカリ」の田植えと「黒米と赤米」の種籾を蒔く作業を行います。
その他、畑にはジャガイモと里芋の種芋を植えます。                                  今年の連休も、残務整理と農作業で終わってしまいそうです。

今後、1週間に1回はブログを更新するように努力をします。

暑い日が続きそうですので、お出かけには十分、ご注意ください。                  お読みいただきまして、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。