お助けマン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お助けマン福井

ブログを忘れていた訳ではないのですが、日々の仕事をこなすだけで1日が終わってしまいます。24時間が12時位にしか感じないこの頃です。皆様はいかがですか。

相変わらず、経営や承継の相談が多く来ます。ここ数年は、経営不振の医療施設の立て直しのお手伝いを行うケースが多くなりました。社員からは、「お助けマン」と呼ばれております。

今年に入ってから3か所、経営不振の医療施設から経営相談がありました。そのうちの1施設は、3月にコンサルタント依頼がきたのですが、話を聞くと6月に差し押さえになるので何とか立て直しをして欲しいというものでした。コンサルティングをするには時間が短すぎるので、お断りをしようと思ったのですが、数十人の職員が職を失うことになるので、出来る範囲でお手伝いを行う旨の回答をいたしました。

経営不振の原因を調査するために財務諸表を見せてもらうと、診療所やデイサービスの経営は良いのですがサービス付高齢者住宅に過大投資をしすぎて、資金繰りがつかなくなったのが原因でした。そこで、優良施設と不採算施設を抱き合わせで売却し、できるだけ負債を圧縮する提案を行いました。理事長から提案の了解いただいたので、私のお付き合いのある医療施設へ紹介して買収の検討をしていただくことになりました。5月初旬までには、結論が出ると思います。この買収が上手く行くと、負債が大幅に圧縮され、差し押さえが無くなるので、上手くいくことを祈っています。

経営が順調な時ほど、慎重さを忘れずにお気をつけ下さい。

福井

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*