不思議な先生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悩める自分

暑い毎日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私は、開業届やテナントの内見、クリニックの承継等で毎日、外回りをしています。汗かき体質なので、外へ出ると5分もしないうちに汗が吹き出します。汗をかくことは好きなのですが、お客様のところに行っても汗が止まらないので恥ずかしい思いをしています。

さて、10月に都内で開業予定の泌尿器科のA先生から、物件を探して欲しいと依頼されましたので、A先生の希望地でテナントを見つけ7月にテナント契約を行いました。契約後、A先生は私に開業まで手伝って欲しいと言うので、お手伝いを始めました。A先生は設計士や内装工事会社を紹介して欲しいというので紹介したのですが、気に入らなかったのか他の設計士を見つけてきました。

A先生は、良く自分は人の言うことを信用しないと言うのです。それなら、私に手伝いを依頼しなければ良いのではないかと思いました。その後、設計士が設計した平面図が気にいらなかったようで、私に意見を求めてきたのです。私は、スタッフルームがなく診察室には手洗いが無いなど、数か所、指摘をしました。それを聞いていた先生が、設計士を変えるというのです。今、設計士を代えると開業が1か月、遅くなると言ったのですが、聞く耳を持たず医療を知ってっているというBデザイン会社へ設計を依頼しました。

Bデザイン会社から平面図が出来たというので,保健所へ図面を持って相談に行くように伝えたところ、私も同席して欲しいと頼まれました。保健所へ行ったところBデザイン会社の担当者は保健所の担当者の質問に回答できず、私に回答を振ってくるのです。A先生が医療を知っているから依頼したと言っていたのですが、医療のことは知らないのです。またかと思いましたが、A先生のプライドを傷つけてもいけないと思い、私が質問に対してすべて回答をしました。

その後も、A先生は医療機器や求人、広告宣伝等で問題が発生すると私に連絡をしてくるのです。私は、A先生にとって「困っときの便利屋」と思っているのではないかと思わずにはいられません。昨日も、午後6時過ぎに医療機器の相談があるので7時頃に会社へ行くと連絡がありました。私は、今日中に医療法人の定款変更の書類を作成しなければならなっかたのですが、断るのも失礼かなと思い来ることを了承しました。

先生は、世間話をするととてもユニークで人間味あふれる楽しい先生なのですが、今後どのように対処して行けば良いのか悩んでいる毎日です。しかし、私の性格上、先生方から頼まれると断ることが出来ないので、すぐに対応してしまいます。これも、性分なので受け入れるしかないと達観しています。明日も開業希望の先生方の要望で東奔西走の一日になりそうです。

まだまだ、猛暑が続きますので、お身体に気を付けてください。

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*