そろばん

最近、千葉県と埼玉県で2件の医業承継の交渉を行いましたが、思いも寄らないことが起きました。1件目は千葉県の眼科の売主とリース物件込みで承継金額が合意しました。その内容を基に売買契約書を作成し、双方で確認作業を行いました。

そして、契約を行う前に承継する医療機器や什器・備品の確認を終了した後に、売主がリース物件は別途、承継してほしいと言い出しました。リース物件を別途にすると合意した金額から500万円も増加するのです。買主は勤務先へ退職願を出し、融資申し込みも行っていることを知っているので、値上げを要求しても受け入れるだろうと思ったのではないかと思います。特別な事情が無いにもかかわらず、双方が合意した金額を契約直前で覆すことは夢にも思いませんでした。 続きを読む